ホーム 〉My法務コラム 〉 公認会計士執筆コラム 〉 ★コラムタイトル★

「事業承継と承継後の経営」

公認会計 宮川靖規 (公認会計士宮川靖規事務所)

 昨今経営者の世代交代(事業承継)が話題となっています。節税や株価対策など話題とされるのはとかく事業承継前のことがであり、かつ技術的な側面が取り上げられます。しかしスムーズなバトンタッチを考えると事業承継後にどのような体制を築いていくのかをしっかり考える必要があると考えられます。この点先代経営者と後継者とでは置かれている経営環境があまりにも異なるためこの違いを踏まえたうえで承継後の体制を構築する必要があると考えられます。また技術的な側面だけでなく後継者の心の育成も必要であると考えられます。

 

 現在引退を控えている経営者の多くは自分で一から会社を立ち上げ、経営に必要な知識や経験を実地で身に着けてきたと考えられます。お金の流れや利益などはわざわざ資料を作成しなくても感覚で判断ができたのではないでしょうか。しかし後継者はそのような肌感覚を身に着ける機会が先代経営者ほどなかったという場合が多いでしょう。従って感覚に頼るのではなく適切な管理資料を作成し、数値に基づいた経営をしていかなければならないと考えられます。

 

 また我々士業もバラバラに経営者と接してきました。しかし近年では「お金と法律」など複数の士業が協業しなければ対応できない業務も増えてきました。特に組織再編やM&Aなど新聞紙上で頻繁に目にする経営ツールも複数の士業の協業があって初めてなしえることであり、ますます複数の士業の協業の必要性は増していると考えられます。

 

 このような先代経営者の経営スタイルを一言で言い表すならば「個人プレー」であったといえると思います。これに対し後継者の経営は「チームプレー」を目指すべきではないでしょうか。

 

 では「チームプレー」とはどのような経営スタイルでしょうか。事業承継を控えた経営者から「後継者には右腕になる人材を付けてあげたい」という言葉をよく聞きます。先代経営者には右腕になる人材がいなかったという反省もあるかもしれませんが、会社の経営基盤を盤石にするためには経営者を補佐する人材の確保が重要ではないかと考えます。この人材不足の時代にはぜいたくかもしれませんが、いつの時代も経営の根幹はやはり人材であると思います。人材を引き付けるには魅力的な会社をつくる、魅力的な会社だから利益もあがる、利益が上がるので給料も増え会社も活気づく、このような良い循環を作っていくことが大切ではないでしょうか。そしてその起点になるのは経営者が従業員の幸せや成長を真剣に考えることだと痛感しています。言葉にすればきれいごとのように聞こえますがやはり経営の根幹はこういった人の部分にあると思います。後継者には是非とも身に着けていただきたい素養であると感じます。

 

 次に先代経営者が肌感覚で持っているお金の流れ、どの製品やサービスで利益が出ているかといった情報を先代経営者の頭の中から外に出し、皆がその情報を共有できるような管理資料や仕組みを作っていく必要があると思います。幸いITやAIは日進月歩で進んでおりこれらをうまく活用して手間をかけずに誰もが分かる管理資料等を作り、その数値に基づいて経営を行って行くことが必要かと考えます。

 

 ただしいくら完成度の高い管理資料や仕組み、ルールを作ったとしても従業員がそのルールなどを守ってくれなければ絵に描いた餅になってしまいます。当たり前のようですが「やる」と決めたことを確実に「やる」ことが重要かと思います。ここで大事なのもまた経営者の役割かと思います。従業員にしっかりルール等を守ってもらうため経営者が真摯に従業員と向かい合い、叱るべき時は叱り、褒めるときは褒めるという姿勢が大切かと思います。この点も後継者に是非とも身に着けていただきたいと思います。

  

 また、我々士業のチームプレーも大切であると考えています。組織再編やM&Aは今や大企業だけのものではなくなってきました。これらのツールを使っていくには各専門家が協業しなければできません。これらをまとめる専門家も必要となるかもしれません。また各専門家は自分の担当する業務については責任を持って自分の役割を果たす必要があると考えます。さらに異なる専門家と協業するだけの最低限の周辺知識を各専門家が身につける必要もあると思います。これらの専門家チームはうまく協業すれば会社にとって大変心強い存在になりうると思います。

 

 このように経営スタイルは変わりそのためのITやAIなどのツールも変わっていくことが必要でしょう。しかし同様に後継者の人格形成も必要不可欠と考えます。これらの新しい経営スタイルと後継者の人格形成はどちらが欠けても承継後の会社経営はうまくいかないのではないでしょうか

 

~こうべ企業の窓口所属~

〒670-0094

兵庫県姫路市新在家中の町11番3号

公認会計士宮川靖規事務所

公認会計士  宮川 靖規

TEL 080-2517-3470

 

皆様へお願い

このコラムをご覧になって、専門家にお電話いただく際には、「『My法務コラム』を見て電話した」とおっしゃっていただけると、スムーズです。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

こうべ企業の窓口

お問い合わせ先: 078 - 891 -6115(平日9:00~18:00)

事務局: 〒657-0027 神戸市灘区永手町3丁目4-14-4F オネスト社労士事務所内