ホーム 〉My法務コラム 〉 社会保険労務士執筆コラム 〉これで安心!中高齢社員の社会保障対策

これで安心!中高齢社員の社会保障対策

社会保険労務士 西尾隆 (西尾隆社会保険労務士事務所)

少子高齢化が進む現在において、定年延長や継続雇用をはじめとする制度を導入し、中高齢の社員を抱える企業が増えています。その一方で、病気やケガなどのリスクに不安を抱える経営者や社員も少なくありません。

 

経営者や社員が抱く、老後や病気、ケガについては、以下のような不安材用があります。

□ 国が年金の運用を株式投資で損失を出しているが、老後の年金は大丈夫なのか?

□ 仕事をしながら年金を受け取ると、年金が一部または全額停止されると聞いたが本当?

□ 自分が万が一の場合に、妻にどれだけの遺族年金がもらえるだろうか?

□ まだ小さな子供を抱えているが、遺族年金はいつまでもらえるのだろうか?

□ 職場で大けがをした場合、何か保障制度はないのだろうか?

□ 病気でしばらく入院することになったが、有給休暇終了後の所得補償はないのか?

□ 人工透析をすることになり、週4日も通院しなければならない。何か保障制度は?

□ ガンでも障害年金を受給できると聞いたが、請求手続きはどうするのか?

□ そもそも障害年金って何? 病気やケガでももらえる年金なの?

□ 部下がガン治療に専念することになったが、上司として気をつけることは?

□ 2 人に1人がガンになる時代。企業としてがん就労支援対策について真剣に考えたい。

 

しかしながら、国の社会保障制度が意外と手厚いことはあまり知られておりません。中高齢社員の不安を払拭して、安心して働ける職場環境づくりを目指すため、中高齢社員を対象とした様々な社会保障制度について理解しておく必要があります。

 

ちなみに、がんで受け取れる障害年金の受給額の一例を挙げると、障害厚生年金2級に該当した場合、家族の加算額も含めて、約200万円の年金を受給できる場合があります。

 

 

このあたりのポイントを、9月15日(木)開催の「頑張る企業応援!セミナー‘16」で、詳しくお話させていただきたいと思います。

「これで安心!中高齢社員の社会保障対策」

~中高齢社員が知らないと損する社会保障制度~

日時 9月15日(木) 14:00~15:30

場所 神戸商工会議所3階会議室(神戸市中央区港島中町6-1)

講師 西尾隆社会保険労務士事務所 社会保険労務士 西尾 隆

内容

① 中高齢社員もこれで納得!複雑な老齢年金をわかりやすく解説

② 中高齢社員とその家族も安心!遺族保障について解説

③ 社員が病気やケガをした場合に受け取れる労災保険、傷病手当金

④ うつ病、がん、脳梗塞でもらえる障害年金について解説

⑤ 病気療養中の中高齢社員の就労対策について解説

 

編者注:西尾隆社会保険労務士のセミナー「これで安心!中高齢社員の社会保障対策」は、好評のうちに終了いたしました。

西尾隆社会保険労務士事務所

社会保険労務士 西尾 隆

 〒657-0817 神戸市灘区上野通 1-2-15-311

 [TEL] 078-778-4288

[E-mail] srsrt240@gmail.com

 [URL] http://240syougai.jp

皆様へお願い

このコラムをご覧になって、専門家にお電話いただく際には、「『My法務コラム』を見て電話した」とおっしゃっていただけると、スムーズです。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

こうべ企業の窓口

お問い合わせ先: 078 - 891 -6115 (平日9:00~18:00)

事務局: 〒657-0027 神戸市灘区永手町3丁目4-14-4F オネスト社労士事務所内