ホーム 〉My法務コラム 〉 弁理士執筆コラム 〉経験がなくても大丈夫!!自社オリジナルの商品を簡単に開発できる知的財産の上手な使い方 

経験がなくても大丈夫!!自社オリジナルの商品を簡単に開発できる知的財産の上手な使い方

弁理士 長谷部政男 (特許業務法人つばさ国際特許事務所)

ここ数年、安部内閣による経済政策(アベノミクス)により、大手企業を中心に業績が回復基調となっておりますが、中小企業の皆さまの多くは、景気回復をあまり実感されていないのではないでしょうか。このように、中小企業にとっては、依然として厳しい環境ではありますが、一部の中小企業では、技術力や優れた人材を活用して、異業種の商品やサービスを開発し、業績を伸ばしています。では、今までに異業種の商品やサービスを開発したことがなく、技術力や発想力に優れた人材に乏しい企業には、異業種に打って出るなどして、厳しい環境に立ち向かう術はないのでしょうか?

 

もちろん、あります。自社に技術力がなくても、発想力に優れた人材がなくても、それを補う術があるからです。

 

特許・実用新案・意匠などの知的財産権は、技術力のある企業にしか縁がないものと思われています。しかし、知的財産権の権利内容は、誰もが簡単に見ることができる公報として公開されています。通常、公報には、商品やサービスの構成や具体例などが、こと細かに書かれています。そのため、誰もが、公報を参考にして、商品やサービスの開発を行うことができます。つまり、技術力のない企業が、他社の技術力を拝借して、自社の商品やサービスの開発を行うことができるのです。

 

ただし、公報に書かれている内容そっくりの商品を開発し、販売した場合には、権利侵害として訴えられてしまいます。言うまでもないことですが、そっくり真似することは、絶対にやめましょう。その一方で、公報に書かれている内容を参考にして、他社の権利を侵害しない態様で、商品やサービスの機能やデザインなどを改善し、自社オリジナルの商品やサービスとして販売することは、全く問題になりません。特許法第1条などでは、そのような改善が、むしろ奨励されています。つまり、他社の権利を侵害しない限りにおいて、公報に書かれている内容を参考にした商品・サービスの開発は、皆さんに認められた権利でもあるのです。

 

では、どのようにすれば、他社の権利を侵害しない商品・サービスの開発を行うことできるのか、これを知る必要があります。

開発手法の一例を、仮想事例を用いて、ご説明いたします。

 

 

(仮想事例)

あなたは、商品を小売店に卸す問屋さんを経営しています。ある商品は、大変人気がありましたが、お客様から、ときどき、改善の要望が届いていました。

そこで、あなたは、その要望に応えた商品を自社で開発することで、自社オリジナル商品を販売することを思いつきました。

改善方法について、従業員と話をしているうちに、ある方法を思い付きました。しかし、その方法が、他社の特許にひっかかっているのではないかと、従業員から指摘を受けました。あなたは、どうしますか?

1.まずは、他社の特許公報を入手します。

特許公報は、J-PlatPat という無料で特許を検索できるサイトから入手することができます。

URL→ https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

 

2.特許公報をざっと読んだ上で、特許公報の内容と、自身が思い付いた方法を対比します。例えば、以下のような対比表を作成します。まず、特許公報の特許請求の範囲に記載された内容を構成要素ごとに分けて記載し、構成要素ごとに、図を書きます。図を書くと、視覚的に構成要素を理解することができます。同様に、自身が思いついた内容を構成要素ごとに分けて記載し、構成要素ごとに、図を書きます。このような対比表を作ることで、どこが共通し、どこが違うかが、一目瞭然となります。

 

特許公報の内容 図解 自身が思いついた内容 図解
・・構成要素・・   ・・・・  
・・構成要素・・   ・・・・   

 

3.特許公報の内容と、自身が思いついた内容との「共通点」、「相違点」がわかったら、「共通点」を「相違点」にするための改善や、「相違点」をより有益な相違にするための改善を行うことができるか、検討します。その結果、他社の権利侵害に該当しない程度に、「相違点」を設けることができれば、OKです。

 

最後に1つ、アドバイスがあります。他社の権利侵害に該当するか否かについては、独りよがりに判断せず、専門家に相談されることをお勧めいたします。

 

是非、一度、チャレンジしてみてください。

 

特許業務法人つばさ国際特許事務所

弁理士 長谷部政男

〒650-0034 神戸市中央区京町 76-2 明海三宮第 2 ビル 10 階

TEL: 078-392-2061 EMAIL:tsubasa@tsubasapat-kobe.com

URL: http://www.tsubasapat-kobe.com/

皆様へお願い

このコラムをご覧になって、専門家にお電話いただく際には、「『My法務コラム』を見て電話した」とおっしゃっていただけると、スムーズです。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

こうべ企業の窓口

お問い合わせ先: 078 - 891 -6115 (平日9:00~18:00)

事務局: 〒657-0027 神戸市灘区永手町3丁目4-14-4F オネスト社労士事務所内